読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日だまりサロン

このブログでは、子育て、夫婦、介護など日常の中で感じた事を日記として掲載していきます。

日だまりサロン 子は親の鏡

今日のひだまりサロンでは、最初にドロシー・ロー・ノルトの詩「子は親の鏡」を

読んで、感想を述べあいました。

 

子は親の鏡

けなされて育つと、子どもは、人をけなすようになる

とげとげした家庭で育つと、子どもは乱暴になる

不安な気持ちで育てると、子どもは不安になる

「かわいそうな子だ」と言って育てると、子どもは、みじめな気持ちになる

子どもを馬鹿にすると、引っ込みじあんな子になる

親が他人を羨んでばかりいると、子どもは人を羨むようになる

叱りつけてばかりいると、子どもは「自分は悪い子なんだ」と思ってしまう

励ましてあげれば、子どもは、自信を持つようになる

広い心で接すれば、キレる子にはならない

誉めてあげれば、子どもは、明るい子に育つ

愛してあげれば、子どもは、人を愛することを学ぶ

認めてあげれば、子どもは、自分が好きになる

見つめてあげれば、子どもは、頑張り屋になる

分かち合うことを教えれば、子どもは、思いやりを学ぶ

親が正直であれば、子どもは、正直であることの大切さを知る

子どもに公平であれば、子どもは、正義感のある子に育つ

やさしく思いやりをもって育てれば、子どもは、やさしい子に育つ

守ってあげれば、子どもは、強い子に育つ

和気あいあいとした家庭で育てば、子どもは、この世の中はいいところだと思えるようになる

   ドロシー・ロー・ノルト 「子どもが育つ魔法の言葉」(発行:PHP研究所)より

 

この詩は、私が子育て真最中の時、読んで感動した言葉で、子育て真最中のお母さんには、とても心に響きます。

 

著者がこの詩を書いた当時のアメリカでは、子どもをきびしく叱ることが親の役割と思われていました。当時の親御さんたちの悩みに答えたいと思って、どんな親になったらいいのか、その答えをこの詩に託したそうです。

そして、書籍には、読者に語り合うように、この詩の一行一行について、詳しい解説が記されています。

 

この詩を読んで、あるお母さんが、

「近くに、嫁姑の仲がとても良くない家があって、時々大声で罵声を浴びせる。そんな時気分が悪くなって窓を閉める。人に対しても、丁寧に話しかけることが大切ですね。」と言われました。

 

また、「この詩は子どもだけではなく、夫、妻、姑、だれにでも通じることだなあ、しかし、その嫁姑さんは、きっと大変だろう。もう限界なのかもしれない。」と感じた方もいました。

 

その後、コーヒー、紅茶を頂きながら、一か月間のそれぞれの出来事、感じたことを語り合いました。

手作りの「杏仁豆腐」と、ベルギーのお菓子の差し入れがとても好評でした。

 

日だまりサロンの後、暑気払いで、薬膳料理を食べに皆さんでいってきました。

とても素敵な店で、毎日頑張っているお母さん達もちょっと元気になれたかなあ!

 

その帰りに、家族にケーキのお土産を買って終了。

来月もやります!(^^)!  

 

我が家のガーベラとキュウリ・・・これからが楽しみ!

 

f:id:smile_hana:20160709111546j:plain