読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日だまりサロン

このブログでは、子育て、夫婦、介護など日常の中で感じた事を日記として掲載していきます。

日だまりサロン 「一秒の言葉」

 ある、お母さんが持って来て下さった、中学校通信の中に、ステキな言葉が

載せてありました。

 

一秒の言葉

「はじめまして」

この一秒ほどの短い言葉に 一生のときめきを感じることがある。

「ありがとう」

この一秒ほどの短い言葉に 人の優しさを知ることがある。

「がんばって」

この一秒ほどの短い言葉で 勇気がよみがえってくることがある。

「おめでとう」

この一秒ほどの短い言葉で 幸せにあふれることがある。

「ごめんなさい」

この一秒ほどの短い言葉に 人の弱さを見ることがある。

「さようなら」

この一秒ほどの短い言葉が 一生の別れになる時がある。

一秒に喜び 一秒に泣く

「一生懸命 一秒」

小泉吉宏 

 

◇ひと言の言葉に、とても励まされることもあれば、ひと言の言葉で、

人を傷つけてしまうこともあります。

ひと言の言葉で、人(子ども)を勇気づけることのできる親になりたいものです。

 

◇この言葉を見て、話されたお母さん(保護司)の話が心に響きました。

中学生で、10人の悪(わる)とレッテルを貼られた子供たちがいた。その中の親分的存在のA君は特別で学校のトイレや、手すりなど、いろんなものを壊して、手に負えず、その当時の校長先生は、警察を呼び、その子は逮捕された。そのため、このお母さんが保護観察を担当した。

なかなか改善されなかったが、次に来た校長先生がすごい。

しばらくは、同様で荒れていたが、ある時この子を呼んで、校長先生が言った言葉。

「A君、私はこの学校を良くしたいと思う。その為には君の力が必要だ。私に、君の力を貸してくれないか。」・・・

 A君は、何も言えず、その日家に帰った。午前1時になっても眠れず、2時、3時、4時になって、気づいた。「俺の力が必要だと言われた。先生は、俺を認めてくれた。今まで悪いことをしてきたが、これからは、良いことをしていこう」と。

 それから、サッカー大会で力を発揮したり、進学をしたいといって、先生たちの協力を受け、見事、普通高校に進学したそうだ。

校長先生の、ひと言の言葉で、A君は変わったのだと。

 

◇私は、これを聞きながら、その一言をいうには、そこに人を思いやる心や日頃の行動がないと、なかなか言えない。

この一言をいかに言える人になれるだろうか?

 

 今回は、9人のお母さんが集まった。感動的な話が、色々あったので、

続きは、次回に。

 

 日だまりサロン

 

今日の写真は、咲き始めた自宅の薔薇

ロココ

f:id:smile_hana:20160519115620j:plain

次の2枚は<ピエール>

f:id:smile_hana:20160519115904j:plain

f:id:smile_hana:20160519120805j:plain